●君の存在する現実そのままで●

cherish NEWS
cherish 小山慶一郎
『光』をめざして、GO!RE START!   
<< 手を繋ごう | TOP | いよいよ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | -| - | - |
    愛を示して
    0
      今日も仕事に没頭した。
      いまは大好きなひとたちのことばかり考えていられるわけじゃない。
      だけど、
      ひとりで車を運転しているときに、
      急にこころが締め付けられて、
      大声で泣いた。
      まるで今年の始めに戻ったみたい。
      あの頃の、
      息もできないような苦しさと、
      よく似ている。




























      昨日、
      たくさんのひとと手を繋いだ。
      今日もわたしの携帯は、
      たくさんのひとの手と自分の手を繋いでくれている。

      どちらかがよければいいわけじゃない。
      どちらかだけかもしれない、
      ただそれが恐い、
      それを考えると、
      苦しい。
      悲観的になることはない、
      これだって通過点でしかない、
      頭ではわかっていても、
      昨日は、
      こころがついていかなかった。

      ぴよきものってぃも、
      今度NEWSのコンサートがあったら、
      昨日みたいに来てくれるかな。
      8人揃ってステージの上にいる姿を、
      わたしたちは見ることができるかな。

      それから。

      例えば。
      例えばぴよきには帰る場所がふたつある。
      もし。
      もしもだけど。
      その内のひとつしかそれが叶わなかったとしても、
      もうひとつがあるのかもしれない。
      だけどのってぃには、
      ひとつしかない。
      NEWSしかない。

      それからわたしには、
      わたしたちには、

      『NEWS』

      しかない。
      ひとつしかない。

      『NEWS』

      がいい。
      たったひとつの気持ちだけ。

      わたしたちは彼らのことが大好きで、
      大事で、
      ただ、
      それだけなのにね。
      なのにどうして時々こんなに、
      苦しい想いを抱えるんだろう。





























      手を繋ごうね。
      手を繋いでいようね。

      思い出そう、
      彼らの、
      ほんとうの強さや、
      優しさ、
      温もり、
      たくさんたくさん、
      思い出して、
      手を握って、
      これからも歩いて行くだけだよ。

      ひとりではこころが潰れそうでも、
      手を繋いでいれば、
      例え涙が溢れても、
      こころが折れることはない。



















      昨日、
      普段はあまり使わない、
      がんばろうねって言葉が、
      こころから零れ出た。
      その言葉に、
      がんばろうね、
      そう返してくれた友達のメールを読んで、
      携帯を握り締めて、
      声を上げて泣いた。
      わたしたちはいつだって、
      大きな不安をほんの少し上回る希望を必死に手繰り寄せて日々を過ごしているんだと、
      思い知った。

      いま、
      彼らのことが大好きなみんなと手を繋いでいられることが、
      嬉しいです。

      手を繋いで、
      希望を手繰り寄せ、
      明日からもしなやかに強いわたしたちで、
      愛を示して行こう。
      23:25 | 携帯 | - | -| - | - |
      スポンサーサイト
      0
        23:25 | - | - | -| - | - |