●君の存在する現実そのままで●

cherish NEWS
cherish 小山慶一郎
『光』をめざして、GO!RE START!   
<< Holy ground | TOP | 君はちょっとした仕草で沢山の愛を奏でる >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | -| - | - |
    集めた言葉は机の奥で変わらない想い
    0
      今日は1日中ずーっと、
      TAKUROの言葉にどっぷり浸かっていました。

      わたしにとって彼の言葉がどのくらい大切かとか、
      はたまたどれほど影響を受けているかとかを、
      手短に説明するのはとっても・・・難しいのだけどね。
      だけどひとつだけ言えるのは、
      彼の綴る言葉は、
      わたしの『核』になっている存在のひとつだということ。
      もしも彼がいなかったら、
      彼らの音楽がこの世界になかったら、
      わたしはどういう人間になっていてどういう人生を送っていただろう。
      もしかしたらいなかったかもしれないし、
      考えてみてもそこにはちっともリアリティがなくて、
      さっぱり・・・想像もつかないけど☆

      10代、20代、
      幸せなときも辛いときも嬉しいときも苦しいときも、
      人生のどの瞬間も、
      彼の、
      彼らの音楽はもうずっと長いこと・・・わたしの味方やったの。

      自分のこころがいま何を思ってもがいているのか、
      それがわからなくてただ苦しい、
      かたちにできない、
      だけど苦しい、
      そういう状態がわたしにとっていちばん『辛い』ときなのだけど、
      そういうときにいつも、
      わたしのいる場所の2歩か3歩くらい先で、

      『ああそうか』

      という言葉を落としておいてくれる。
      それがわたしにとってのTAKUROの言葉でGLAYの音楽でした。

      わたしは昔から、
      本を読むように歌詞カードを読みすすめられるアーティストが好きで、
      彼らはその最たる存在だったの。
      (GARNET CROWもそうだよ。あずきななさんの綴る言葉は歌詞ではなくて文学だと思う)
      何かがあって苦しいときに彼らの音楽に触れる、
      ジャケットをひらいてみる、
      するとそこには何かしらの言葉が落ちていて、
      ああそうなのか、
      こういうことなのかって、
      ざわついて落ち着かなかったこころがクリアになる。
      そんな存在。



      彼らのライブもまた、
      無数のハッピーで満ちているんだ。


      そんなことを想い出したよ。

      たくさんのハッピーで包んで、
      がんばれっていつも背中を押してくれていたな、
      彼らはいつだって。
      辛いことも苦しいことも人生にはたくさんあるけれど、
      今日は楽しんでいってね、
      明日からきっとまた大変だけど、
      逢いたくなったらまた逢いにきてねって。

      そういえば・・・そんな歌まで作ってくれていたね☆笑



      逢いたくなったらまたここに来てよ ねえ
      張り詰めたガラスの心の置き場見つからずにいるのなら
      寂しくなったらまた逢いにきてよ ねえ
      その絆 答え無い闇の中でため息を集めているのなら
      逢いたくなったらまたここに来てよ ねえ
      立ち止まることも逃げ出すこともそれもまた勇気なら

      泣きたくなったら悲しくなったら
      街は青 君のこと傷つけてる全てから僕が守るから

      逢いたくなったら また逢いに行くよ


      またここであいましょう/GLAY



      この頃の曲って・・・いまでもライブで演っていたりするのかな??
      2000年になってからの曲ってわたしにとってはつい最近の感覚なんだけど、
      そういえばもう6年も7年も前になるんだなあって、
      そんな時の流れにもびっくり!
      (だからこの曲もわたしにとってはつい最近なんだけど・・・そういえばもうかれこれ前の曲やったね。笑)

      いまはもう昔みたいにすんごい熱でもって彼らの音楽に依存しているわけじゃないけど、
      (そう・・・依存、依存だったな10代の頃は特に。でもそれがいけないことだとは思わないよ☆)
      それでもやっぱりわたしにとって、
      TAKUROの持つ言葉はいつだって鍵みたいなもので、
      GLAYの音楽はとってもとってもとっても・・・大切なのです。

      彼が持つ柔らかい愛情がすき。
      彼が世界に向けているそのこころのアンテナがすき。

















      出逢った日の空を僕は忘れない 
      希望に満ちた夢の架け橋
      君の肩に乗せた絶望降ろして時の無常に戦いを挑め

      うまく伝わる自信もないけど 
      とりあえず長い手紙でも今
      君宛に出すよ
      それを読む頃ステージの上で僕は大声で叫んでるだろう
      金がものを言うこんな時代でも 
      殺伐とした空気の中でも
      誰かの痛みを
      優しさの上手な使い方で取り除いてる君を見ていたよ

      忘れないで 
      人生のピークはまだまだ先にある
      いつの時もいつの日も
      自分の弱さかばいながら
       

      Friends of mine/GLAY




      未だにね。
      何かがあって気持ちが落ち着かないときは彼の言葉と彼らの音楽に、
      こころを浸します。

      『人生のピークはまだまだ先にある』

      この曲に出逢って以来、
      好きな言葉は何ですか?って聞かれたときに、
      わたしがいつも答えている言葉☆

      曲としては昔の、
      BEATout!とかBELOVEDあたりがね、
      やっぱりいちばんテンションあがるんだけどね。
      (あとONE LOVEね!あ、HEAVY GAUGEもね!もちろんpure soulもね!
       そんなこといったらFRUSTRATEDも灰ダイもSPEED POPもってはい延々終わらない!笑)

      でもいまのわたしの・・・
      27才のわたしのこころにすっとリンクして染みこんでくるのは、
      この頃の、
      UNITY ROOTS & FAMILY AWAY、
      の頃の・・・曲☆







      そんなわけで。

      今日はTAKUROの言葉にめいっぱいに浸かりながら、
      慶ちゃんのことを考えていた☆

      例えばGLAYとNEWSってわたしの中では全然別のポジションにいてねーーー??
      いま好きなのがどっちで・・・とかじゃなくて。
      気持ち的にはそうやなぁーーー・・・
      こんな感じ、
      GLAYに対してね。

      『ねえねえきいて!わたしね、こやまけいいちろうくんってひとを好きになったのー!
       すっごい素敵な子やのー!出逢っちゃったのー!大好きやのー!』


      なんていうか、
      慶ちゃんの存在を両手広げて報告したくなるような存在、
      わたしの中のGLAYって。

      ・・・お父さんか!笑

      でもね、
      これほんと。

      慶ちゃんみたいなひとを大好きになれたよって、
      報告したくなるよ、
      時々。
      あと・・・hideちゃんにもね☆

      ・・・んっふっふ☆















      あ、因みにわたし、こんだけタクロータクロー言ってるけど、ヒサシリスペクトやのよ??笑
      (むしろわたしがタクロータクロー言ってるのなんてものすごく貴重だよ!)
      あのねータクローってね、

      NEWSでいえばぴぃちゃんみたいなポジション

      やからさーーー??笑
      NEWS担もそれぞれ大好きなメンバーがいても、
      大抵のひとってメンバー全員好きやし、
      中でもぴぃちゃんは特別っていうか・・・
      ぴぃちゃん好きなのは大前提っていうか・・・
      ね??そんなんない??笑
      え??そんなん思ってるのわたしだけ??やないよね??笑

      まあ・・・そんな感じってことだよハート










      慶ちゃん、
      8日目の公演お疲れさまでしたハート
      いよいよ東京公演の折り返し地点だね。
      連日上演される舞台での最大の敵は中弛み、
      ミスやトラブルにいちばん気をつけないといけない時期に突入だよ。
      集中力を維持するのは大変だけど、
      怪我なく事故なく、
      乗り切ってね!



      ********



      たまちゃん>
      わかる!ちょっとさー普段はこやしげのあほっぷるっぷりに、

      『くっそぉーーーーしげの野郎!笑』

      とか思っているわたしやけどねーーー??
      最近のメン愛を読んでいると若・・・っ干、
      しげに同情っていうか、
      けえたんにゲンコツっていうか、
      ・・・ねーーー??笑
      しげの名前が出て来ないと寂しいな、
      なんて感じてしまっている自分がいるよ!大変!笑
      でもきっとしげもドラマ頑張っているんだろうね。
      舞台&ドラマ期間中いちゃいちゃできなかった分、
      台湾で思う存分いちゃいちゃするといいさ!
      そんで、
      今度こそ一緒のベッドで寝てしまえばいいさ!笑




      keikoさん>
      あはははは!やっぱり!やっぱりみんな・・・しげを待ち望んでいますよね☆
      しかも、
      『しげ来るといいのにーキャー』
      じゃなくって、
      『なんで来てないわけ?』
      なスタンスなのが・・・もう・・・しげ・・・素敵。笑

      keikoさんから頂いたメールを見てわたしはすでにうるうるだったんですけど、
      (だってわたしkeikoさんの感想メールをとても信頼しているから!keikoさんがそう感じたなら間違いないぞーって。笑)
      自分の目で見てしまったらもう、
      言葉にならないくらいの幸せを感じてしまいました。
      あんな顔の慶ちゃん・・・はじめて見たもん。涙
      千秋楽まで乗り切ったらもっともっといい顔になるんでしょうね。
      あの慶ちゃんがNEWSに戻ったらって思うと、
      ほんとドキドキします。















      アルバムのような年月を重ねながら毎日をそう 歌にする
      何気ないことが何よりも愛しくてこの稼業をがんばり通す

      銃声は響き争いは続いても遠い空の下と叫ぶ
      いつの日か僕に全てを癒せるような歌を作る力をくれ


      Savile Row〜サヴィルロウ3番地〜/GLAY

      22:01 | ぼやきんぐ | comments(2) | -| - | - |
      スポンサーサイト
      0
        22:01 | - | - | -| - | - |
        コメント
        こんばんは〜vv
        久々にコメント残す気がする(^^;)

        いや、なんかもう・・・
        祭ちゃんは、いっつも華が言葉に表現出来なくて
        ウンウン唸ってるのを、見事に!表してくれるなぁって、いつも思うのね。

        久々に、ジックリGLAYの曲が聴きたくなった☆

        もう、ずっと封印してて。
        聴いたら、それこそ泣いて泣いて、どうにもならんくなる!!
        って事で、封印は中々開かれない侭だったけど。
        違ったね。
        自分が素直じゃないだけだった。
        彼らの言葉に、向き合って
        前進する勇気貰ってくる!!

        えへへvv
        ありがとう、祭ちゃんvv
        今、無性に祭ちゃんに逢いたいです。

        ではでは☆

        2007/06/21 12:47 AM by 華-Hana-
        こんばんは。

        ♪またここで〜は確か2003年のツアーのアンコールの最後で
        やってました。
        ♪またここで〜で終わるのってなんかすごく暖かい感じがして
        けっこうじーんとしてたわたし。

        ♪UNITIY〜いいですよね。
        でも一番は♪BELOVEDかな。
        ♪カーテンコールがすごい好きで。

        TAKUROはホントになくてはならない人。
        きっと誰もがそう思ってると思います。

        GLAYさん、秋からはツアーみたいですね。

        久々に♪またここ〜聞きたくなっちゃいました。
        2007/06/21 11:07 PM by maki
        コメントする