●君の存在する現実そのままで●

cherish NEWS
cherish 小山慶一郎
『光』をめざして、GO!RE START!   
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | -| - | - |
    総括シリーズ第二弾
    0
      世界中が祈りにつつまれるこの日、
      わたしはたくさんの『光』に触れました。

      そのひとつひとつに、
      涙が込み上げ、
      胸があたたかくなり、

      そして小さな勇気を握る。

      誰かを想う言葉の中には必ず光が存在するんだな、
      そんなことを改めて想ったクリスマス、

      いえ、

      そんな1年でした。


      -----------------


      2月のあの日、
      わたしは横山くんファンのお友達とごはんを食べてカフェでお茶を飲んでいました。
      夜の9時くらいだったかな?
      ふとバッグの中の携帯を見るとメールが何件か入っていて、
      新着リストのいちばん上にあったのが赤西くん&ぴぃちゃんファンのお友達からのもので、
      わたしが事の次第を知ったのはそれを開いた時でした。



      『NEWS、年内活動休止って』



      何か大きく鋭いもので全力で頭を殴られたような衝撃。
      頭の中が真っ白で、
      だけど視界が真っ黒になった。


      ああ・・・そっか・・・


      どこかぼんやりそう思いながら、
      だけど意識は激しく眩みそうになっていました。
      それで、
      気付いたら涙がぼたぼた溢れて落っこちてた。
      友達がねーーー??
      すっごい驚いた顔してて、
      そりゃそうだよね、
      今の今迄笑って喋ってた人間がいきなり泣くんだからびっくりするよね、
      だけどその空気をすぐに感じとってくれた友達は、
      真剣な顔で言ってくれました。

      『どうした?何があった?』

      そんな彼女に説明しようとするんだけど、
      頭の中がとっても混乱していてうまく喋れなかった。
      それからもうひとつ、
      わたしね、


      『NEWS、活動休止になるみたい』


      このひとことが言えなかったの。
      何だか、


      『活動休止』


      って言葉をどうしても口に出せなくってねーーー??

      言いたいことが全部喉の奥でつっかえて、
      涙ばっかりが机の上に落ちていきました。

      今年まだ始まったばっかだよ?
      来年までNEWS見られないの?
      ぴよきはどうなるの?
      のってぃは?
      NEWSメンバーに来年まで会えないの?

      NEWSはこれからどうなるの?

      いろんなことが一瞬ですんごい勢いで頭の中で渦巻いて、
      だけど口から出るのは、

      どうしよう・・・

      そればっかり。
      それで、
      その子に断りを入れて、
      とにかくその場でメールをくれた友達に電話したのね。
      彼女はワンコールもしない内に電話に出てくれたんだけど、
      彼女が喋り出す前にわたしが怒鳴ってた。



      『嫌!』



      そんなこと言っても仕方がないことも、
      活動休止の措置が妥当であることも、
      頭の片隅で理解していました。
      それにもしかしたらそうなるのかもしれないって、
      何となく・・・思っていたし。

      だけど好きだから、
      抑えられない感情が在る。

      それまで意識して一線を引き、
      努めて冷静でいたわたしだったけど、
      もうダメだった。

      電話の向こうの友達に、
      泣きながら怒鳴っていました。



      『嫌!』



      好きやねん。
      あの子たちのこと。

      仕方ないけれど、
      仕方ないことだけれど、

      どうしてこんなことになるの・・・?

      そう思わずにはいられなかった。
      そう言わずにはいられなかった。
      どうしてこんなことになったのかなんて、
      わかりきっているのにね。

      今彼らは何を考えているだろう。
      今NEWSファンの人達は何を想っているだろう。
      内くんは何を考えているだろう。
      彼の復帰をもうずっと待ち続けているひとの絶望や悲しみは、
      どうなるの。

      のってぃは、
      どうしているだろう。

      ぴぃは、慶ちゃんは、亮ちゃんは、
      しげは、てごは、まっすーは、

      何を想っているだろう。

      みんながそれぞれに傷付いて、
      みんながそれぞれに泣いている、

      きっと、

      今。





      そう思ったら後から後からばかみたいに、
      涙が溢れてきました。

      止まらなかった。













      『NEWSこんなにいいグループなのに・・・!』

      初めて行った春コン名古屋、
      このときもわたしは会場の歓声に紛れて怒鳴っていた。

      目の前にいるNEWSはキラキラで眩しくて笑顔を絶やさなくて、
      あたたかい空気で会場中を包んでゆく。
      不安な気持ちなんて微塵も感じさせずに、
      幸せな空気に触れさせてくれる。

      こんな素敵なグループが、
      なくなっていい筈がない。

      そう思ったらやっぱり感情は抑えられませんでした。
      だけど胸が詰まって途中から言葉にならなかった。

      どうしてこんなにいいグループがこんなことになるの!!?

      この結果は確かに本人たちが招いたこと。
      だからそう思うこと自体とっても矛盾しているんだけど、

      だけど、

      悔しくてたまらなかった。
      腹が立っていました。
      何に対してかわからないけれど、
      多分、

      NEWSがなくなるかもしれない不安に対して。

      怒鳴って感情を出してしまったら一気に泣けてきてそれを堪えるのに精一杯で、
      最後のほうは言葉にならなかったから、
      きっと一緒に入った友達も、
      わたしが何を言いたかったのかわからなかったと思う。

      NEWSに対する会場中の大歓声の中で、
      叫びたいほど心の奥からせりあがってきた言葉。



      『こんなにいいグループなのになくなったら嫌だ!』



      2月のあの日から今日まで、
      この想いが褪せることは一瞬たりともなかったし、
      そればかりか強まる一方。

      そしてこれから先も、

      きっと。









      それにあのときの電話でね、
      わたしと友達はこんな会話をしました。


      『だけど年内休止ってことは、
       来年になればきっと8人で戻ってくるってことだよね』


      だって解散じゃないんだもの。
      勿論その不安がなかったわけじゃない、
      解散してしまうんじゃ、
      という不安は頭の中を何度も過ぎったし、
      あの2人がこのままいなくなってしまったら、
      そういう不安もあった。
      だからこそあの名古屋であんなにも悔しくなったんだけど。

      でもわたしたちは知らず知らず、


      『年内』


      という言葉に希望を見出だしていました。
      何の根拠もなかったけれど、
      次から次に襲ってくる不安に揺らぐこともあったけれど、
      それでもどん底まで落ち込むことは一度もありませんでした。

      あのとき直感で感じた希望をわたしは今でも信じているし、
      メンバーがくれた言葉によって、
      この想いはますます強くなった。



      それにねーーー??



      期限のある『待ち』なら耐えるのはそう辛いことじゃない、
      そうも思っていたの。
      帰って来るか来ないのかわからない相手を待ち続ける苦しさに比べれば、
      充分恵まれている。
      わからないものを信じて待つ、
      その尋常じゃない苦しさや辛さはよくわかるから。
      だからこそ、
      ぴよきとのってぃファンのことを思うときが、
      何よりも苦しかった。
      NEWS復活に向けてカウントダウンが始まった今だって、
      彼らのことを特に待ち続けている方達はきっと、
      不安や苦しさをいっぱいいっぱい抱えてらっしゃると思うから。

      だから来年絶対に、

      『8人のNEWS』

      で戻って来て欲しいってそう思う。

      いろんな道があるけれど、
      自分の望んだ道を行って欲しいけれど、
      その選択に他人は絶対に口出しできないけれど、

      だけどやっぱり、

      2月のあの日強くこころに刻んだ想いを、
      出来れば叶えて欲しいよ。

      どうかそれが彼らの望む『道』であれと、
      願わずにはいられない。


      --------------


      わたしは周りに恵まれています。
      素敵なお友達でいっぱいです。
      ブログをジャニーズ解禁にしてコメントも解禁にして、
      この場所で初めてNEWSファンのお友達もできました。
      それまで周りにはeightファンとKAT-TUNファンしかいなかったから、
      それがとっても嬉しかった。
      だけど誰のファンだとかそんなことはいっさい関係無く、

      みんなみんなあたたかくて、

      『光』

      のような心をくれます。

      サヤエンドウが発売になったときもそうでした。
      NEWSファンじゃない友達からたくさんの、

      『買ったよーーー!』

      というメールが届きました。
      eightやKAT-TUNファンの友達は勿論、
      ONE PIECEが好きな友達や、
      そのどれにも当て嵌まらない友達からもたくさん。

      『この子ら今大変なんだってー?今日店で見かけたから1枚買ってみたよ!』

      対象が違っていても、
      誰かを何かを本当に好きなら、
      大切にしているなら、
      自分のまわりの『好き』に対しても敏感でいられる。

      気持ちを重ねるから、
      他人事で終わらない。

      サヤエンドウがリリースされたとき、
      わたしはそんな優しさをたくさん受け取りました。

      本当に本当に嬉しかった。
      優しかった。

      『好き』

      の気持ちがどんどん充満していく。
      それはNEWSから感じる光とよく似ていました。

      あたたかくて、
      優しい。












       








      今年も残すところ1週間を切りましたね。
      すごくすごく早かったです。


      この1年、
      どこを振り返っても、


      『好き』


      で溢れ返っている。


      昨日の夜ね、
      この場所で出会ったとっても素敵な方からこんなメールを頂きました。


      ・ ・ ・


      2003年9/15に全ては始まって、
      何が起ころうとももう後戻りはできない。
      でも後戻りなんて言葉さえもあの人たちにはないんだと気づいた。
      光に向かってただ進むだけ。

      私も『NEWSは光』だと思います。

      強い光、柔らかい光、
      初めは小さい弱い光だったけれど。



      ・ ・ ・


      ごめんなさい!
      勝手に載せちゃった!
      だけどすごくすごく素敵な内容だったから、
      ここに置いておきたかったの。

      その光は例えばひとを射るような強さではない。
      その光は例えば誰かの足元を照らすような強さではない。

      ふと顔をあげたときに、
      道の向こうで優しい光を滲ませているような、

      そういう光。

      それがNEWSの持つ『強さ』なんだと思います。

      全ては『今』の糧に、
      そして『次』の糧になる、

      必ず。











      人生に於いて大概のものは素通りを繰り返す、
      出会っていても人間がその手に持てるものはとても少ないから、
      小さなきっかけをどんなに大事にしているつもりでも、
      知らぬ間に多くのものを素通りさせている。

      だからこそ、
      こういう出会いは奇跡と呼べる。

      ----------------
      ジャニーズブログランキング
      参加させて頂いてます。
      ----------------
      22:24 | 2006年/総括 | comments(0) | -| - | - |
      総括シリーズ第一弾
      0
        2006年2月1日(水)の日記より。

        ----------

        昨日の夜は、
        朝目が覚めても何事もなくとある一日が始まれ、
        と思いつつ眠りましたが、
        そうはいかなかったようです。

        大抵の場合何が本当で何が嘘だとか詮索すればするほどぐちゃぐちゃになってくだけだから、
        したしてないは置いとくとしても、
        そう思われるような材料を揃えてしまったという事実は重い。
        前の彼の時でさえ、
        どんな背景があるにしろ、
        何かのえげつない事情が絡んでいるにしろ、
        わたしは彼自身に責任があると思ったわけで、
        それは今でもそう思っているわけで、

        止めなかった大人が悪いという考え、
        未成年の彼は犠牲者だという声、
        様々な記事も読みましたが、
        確かに未成年を監督指導するのは大人の務めなのですが、
        プロとして仕事をしてお金を貰っている以上、
        そこには自己責任が発生するわけで、
        都合の良いときばかり未成年という大儀を翳すわけにはいかないと思うのです、
        逆に、
        その判断さえも大人に委ねないといけないほど、
        彼は精神的に幼いのか??
        ということにもなるし、
        果たしてそういう人格の持ち主がひとりのプロとして認められるかといえばノーだし、
        彼の人格を認めるならば、
        擁護するだけが愛情ではないと思ったわけで、

        なので今回も、
        仕方がないだろうと思いました。

        ただ、ハイリスク、ハイリターンの世界で、
        ひとりが背負う責任や影響力も普通では考えられないほど大きくて、
        現にものすごい多くのものが一斉に流れを変えて渦巻いているわけで、
        その中心にいるのが、
        まだたった17歳の少年だと思うと、
        胸が痛みます。

        それでも自己責任をとらねばならないのが、
        彼の選んだ世界なのだから、
        仕方がないのだけれど。

        今日、
        仕事が終わってバス停に歩いていく途中、
        信号待ちの交差点で、
        自転車に乗った高校生の男の子が何人かで楽しそうに話してて、
        その様子を見ながら、
        酷な世界だなと、
        ぼんやり思ったのでした。

        泣いてはいけないと思いつつも、
        涙が出ました。

        二人とも、
        たくさんたくさん大きくなって、
        そしていつか元気に帰ってきてくれるといいなと思います。


        ----------

        移転前のブログから引っ張ってきました。
        今年の2月1日の日記です。

        この数日前からネットではいろいろと憶測が飛んでいたみたいだけど、
        そういうことにとんと疎いわたしは、
        友達からのメールでこのことを知りました。
        前日の1月31日には憶測がとっても嫌な噂になりかわり、
        そこには妙なリアルさもあって、
        すごくすごく嫌な感じがした。
        だからこの日の夜は、

        『明日目が覚めても何事もないとある一日になれ』

        と祈りながら眠りました。

        朝になって目を覚まして意識がはっきりするより先に枕元の携帯をひっつかんで、
        そしたら友達から沢山のメールが入ってて、
        内容を確認せずともその件数の多さに、

        ああ・・・ダメだったんだ・・・ほんとだったんだ・・・

        と、暫く呆然としていた記憶があります。

        顔を洗ってメイクをしてバッグをひっつかんで会社に出掛ける。
        わたしにとってはいつもと変わらない日常でしたが、

        大きく何かが変わってしまったんだ、今日、あの子の人生は。

        そう思ったら、
        たまらない気持ちになりました。

        この日のわたしは会社でただぼんやりと、
        17才の男の子が背負っているものについて考えた。

        何の世界においても、
        どんな職業でも、
        例えそれがバイトであっても、
        未成年であろうとなかろうと、
        プロ意識のない人間がわたしは大嫌い。
        お金を貰うだけ貰って未熟さを楯に責任からは逃れる、
        そんな都合のいい話がこの世に通用する筈もない。
        だからぴよきのときものってぃのときも、
        活動自粛の処置は当然だろうなと思いました。

        未成年だろうと何だろうと1番に悪いのはそれを起こした本人で、
        まわりの大人たちに1番に責任があるとは思わない。
        良い悪いの判断さえ大人に委ねなければならないほど未熟な人間を働かせていたならば、
        それは雇用した会社の責任でもあるけれど。

        勿論、
        未成年を監督指導するのは成人者の義務だから、
        まわりの大人たちだってそれぞれに悪いし責任を取る必要はあるの。
        まわりの大人たちはそれぞれ自分自身が、

        『自分に1番責任がある』

        と反省し償うべきだと思うし。
        でもだからといって全てを大人の責任にして未成年を擁護するのも、
        おかしいと思うから。

        だからね、
        活動自粛は仕方ないと思ったの。

        真相はよくわからないよ。
        だけどぴよきには明確な結果があって、
        そしてのってぃは疑われるような材料を揃えてしまったことは事実で、
        そこにすでに罪はある。

        けれど。

        まだたったの、
        たった、17、18才の、
        ひとりの男の子として考えるとね。
        たまらない。

        プロ意識が足りない、
        そのひとことでバッサリ斬ることは簡単だし、
        それはその通りなんだけど。

        17才の男の子の背負うものがあまりにも大きくて重くて、
        それを考えてしまうと、
        泣くことを我慢しきれませんでした。

        涙が止まりませんでした。

        芸能界というところは、
        動くお金も、
        影響も、
        それにまつわる責任も、
        何もかもが桁外れ。
        自分が望んでその世界にいるのだからそれは背負って当然のものだけれど、

        それがプロ意識というものなんだけれど、

        だけど・・・
        世間で言えばまだ高校も卒業するかしないかの年頃の子供。

        ぴよきもそう。

        数え切れないほどの関係者に迷惑をかけて、
        その為に大勢のひとが予想外の仕事に追われることになっただろうし、
        桁外れの利益の損失を出しただろうし、
        沢山のファンを悲しませただろうし、

        それから、

        興味本位の人間に、
        あることないこと面白おかしく好き勝手に書かれて言われて、
        名誉を傷付けられて。

        これが彼らの選んだ世界での彼らの罪に対する報いなんだろうけれど、
        その代償に背負ったものの重さを考えると、

        苦しかった。

        そして強く思ったのは、
        思うのは、

        その世界で働いてお金を貰っているのなら起こしてしまったことの責任を本人がとるのは当然だけど、
        未成年を雇用していたのは大人が作った『会社』なのだから、
        自己責任をとらせたあとで、
        ちゃんとそこから引っ張り上げてやるのは、
        絶対に大人の責任だということ。

        ちゃんと引っ張り上げて、
        彼らがまた未来に向かって歩き出せるように、
        世の中の道理をしっかり教えてあげて、

        救いを指し示す。

        周囲の大人たちがとるべき責任は、
        そこだろうと思います。

        彼らがどんな人生を選択しようともね。

        だから一度引っ張り上げるまでは、
        絶対に彼らの手は離さないで、
        そう思いました。

        それから、
        これを考えると本当に胸が苦しいのだけど、
        大人という括りで考えるならば、
        成人メンバーだった慶一郎の責任も大きい。
        彼にも間違いなく過失があったのだと思います、
        ぴよきのときは特に。

        沢山責任を感じただろうし、
        誰より悔やんだだろうし、
        自分を責めただろうし、

        だからこそのってぃのことは本当にこたえただろうと思う。

        でも、
        だからこそ、
        彼のメンバーに対する愛情は今、こんなにもこころに響く。


        ----------


        この頃ブログの読者さんはほぼ全員がジャニーズとは無縁のひとたちだったと思うので、
        (今も半数以上の方がそうだとは思うのですが)
        わたしもつとめて冷静に記事を書いていた気がします。
        いや、
        実際とっても冷静だったのかもしれない。
        わたしはNEWSを好きになって日が浅かったし、
        そんな自分が泣いたり怒ったりしてはいけないと思っていたから。

        もっともっと昔から大好きなひとは、
        今どんな気持ちだろうか、

        それを考えると泣いてはいけない気がして、
        だけどそれを考えるからこそ冷静な頭でも涙腺は崩壊して、
        泣いて、我慢して、泣いて、冷静で、
        結局このことで思いっきり泣いたことは、
        一度もなかった気がします。

        わたしは二人のことが大好きです。
        不思議なんだけどね、

        『あきれる』

        という感情は全くなかったの。
        わたしは仕事というものにどちらかというと完璧を求めるし潔癖なところもあるんだけど、

        『悲しい』

        とは思っても、
        負の感情は湧いてこなかった。
        自分の年齢があがったことによって目線が変わってきたのも理由のひとつかな??
        同年代だったら嫌になってたかもしれないし、
        許せなかったかもしれない。
        特にわたしがぴよきやのってぃくらいの年のときは、
        自分も芸能界のはしくれにいたからってこともあるけど、
        仕事に対する姿勢も要求も性格もキツくてほんと潔癖過ぎて、
        自分に対しても他人に対しても、
        ただひとつの過ちでさえ絶対に許せなかったから。

        だけどそんな過去があったから、
        多分今は逆に、
        そういう過ちがあったとしてもそこだけにとらわれず、
        トータルで物事を見られるようになったんだと思います。

        ぴよきの大口で笑う顔がとっても素敵だと思う。
        てごも相当物怖じしないと思うけど、
        過去映像なんかを観てるとぴよきもかなり物怖じしないタイプだよね。
        人懐っこくて誰からも可愛がられる愛すべき人柄、

        優しさ、

        素敵だと思う。

        のってぃの歌とダンスがとっても素敵だと思う。
        歌うことも踊ることも大好きなんだなって思うから。
        やんちゃなのにシャイだったり、
        男気があるのに甘えん坊だったり、
        亮ちゃんやぴぃにガンガンじゃれていく姿とか、

        他のNEWSメンバーが持ち合わせていない類の懐っこさ、

        素敵だと思う。

        彼らは今何を考え何を想っているかなぁ。
        彼らの望む未来がどんなものであっても、
        彼らの目の前に途がちゃんと拓けていますように。

        最近はそれだけを考えています。











        はい、
        というわけで、
        今年を総括シリーズ第一弾でしたーーー!!!

        NEWS復活に向けてガンガン上昇気流にのっているときにこんな記事をアップするのはどうかなと、
        迷いも多少あったのですが、
        だけどこっちのブログでこのことに関しては今迄一度も触れてなかったので、
        思い切って書いてみました。

        来年まであと少し、
        願わくばそこに8人のNEWSがちゃんといますように。。。

        因みに第二弾では活動休止とサヤエンドウ発売の頃のことについて、
        書いてみようかなと思います。
        タイトルに『総括シリーズ』ってつけときますので、
        今更こんなしんみりした記事読みたくないわ!!!
        って方はもうばっさり!!!スルーしちゃってくださいね、
        ごめんなさいーーー!!!

        さて明日は仕事のあとに前の会社でお世話になった先輩とお食事に行ってきます。
        ちょっとしたセレブ★ディナー!!!なので、
        朝から髪をゴージャスアップにして毛先をくるんくるんに巻いて出勤したいと思います。
        どの服着て行こうかなーーー!!!

        だからまっすーサンタは明日はリアルタイム視聴できないのよーーーん。
        なのにそんな日にかぎってタモリショッキングにますださんご出演、
        どうすんのよ!!!
        うちのDVD、HDDじゃないから同じディスクにしか録画出来ないじゃないのよ!!!
        性格上、
        笑恋用のディスクにタモリショッキングが混ざるのはわたしの拘りに反するのよ!!!
        なのでお友達に合鍵渡してディスク入れ替えて貰うことにしました。
        ふふふ・・・NEWS愛は何よりも強し!!!


        ジャニーズブログランキング
        参加させて頂いてます。
        00:19 | 2006年/総括 | comments(0) | -| - | - |